セブンのキャラメルラテとセブンのキャラメルラテを実際に飲んで比較してみた

スポンサーリンク













タイトルが間違ってダブっているぞ

そう言いに来た方もいらっしゃるかもしれません。ありがとうございます。

 

実はセブンでは2種類のキャラメルラテが販売されているのです。

自分で淹れるタイプのアイスキャラメルラテ

1つ目はこれ。

自分でマシンにセットするコンビニコーヒータイプ。

大手コンビニでコーヒーマシンが導入された直後は「アイスは冷凍庫から自分でレジに持っていくのに、ホットはレジで申し出るシステムなんだ」と困惑した記憶があるものの、今では皆さん慣れた手つきで。慣れって怖い。

大手コンビニの中ではバリュエーションが少ないセブンですが、アイスキャラメルラテを始めたそうです。

税込みで200円と、割と強気な価格設定

キャラメルミルクの粒が入っています。お茶漬けに入っている、あられみたい。

カフェラテではなく、アイスコーヒーを抽出。

誰もが素朴に思うことかもしれないが、アイスカフェラテにキャラメルソースじゃ駄目だったんだろうか。

セブンプレミアムのキャラメルラテ

もう一つはこちら。

セブンプレミアムのキャラメルラテです。原材料名にクリームチーズが入っているのが特徴的。

製造者の守山乳業は大正7年創業の超老舗。日本で初めて珈琲牛乳を生み出したメーカーらしい。一般的には知られていないかもしれませんが、業務用ではそれなりのシェアを誇っています。

味の評価をチャートにしてみた

評価者(自分)の前提条件

  1. 基本的にコーヒーは好き。カフェラテはもっと好き。その中でもキャラメルラテはかなり好き。エスプレッソマシン所持。ラテアート練習中。
  2. 味覚は人より優れている自負あり。
  3. そもそも守山乳業のキャラメルラテが大好きで週5で常飲。比較するために今回初めてアイスキャラメルラテを購入。

自分で淹れるタイプのアイスキャラメルラテの評価

キャラメル+ミルクの甘さが過ぎ去ったと思ったらコーヒーの苦みが遅れてやってくるので味覚の変化が激しいキャラメルラテ。

コーヒーの苦さが苦手な人にとっては、例えガムシロップを投下しても舌に残るコーヒーの苦みが苦手だと思う。一方で、セブンの淹れたてコーヒーの香りと苦みが好きな人ならマッチするかも。

ただ、飲み進めるに従って氷が解けるとキャラメル感がかなり薄れてしまうのが致命的。

 

とにもかくにも、氷を抜いたら約160㎖と分量が少ないにも関わらず200円非常にコスパが悪い気がします。自分なら100円のレギュラーコーヒーを2つ買うかな。

すっきりしたのがお好みだったらおすすめ。あと、コーヒーはやはり淹れたてだけあって香りは良い。

セブンプレミアムのキャラメルラテの評価

甘く濃厚なキャラメルラテ。先程と比較すると甘さとキャラメル感とミルク感が強くなりコーヒー感が減った感じ。コーヒーは淹れたてではないので香りという部分では劣る。

口に含んでから飲み込んだ後まで味の変化が少なく均一という印象。コーヒーの香りと苦みが舌に残る前者と比較すると、後味はやや甘ったるいか。

氷が入っていない分、最後まで味がしっかりなのが嬉しいところ。

クリームチーズが入っていると述べましたが「めっちゃクリームチーズが入っているやん」という感じはない。キャラメルの濃厚さをより醸すためにアクセントとして入れたのかなという感想。キャラメルとクリームチーズって相性良いもんね。

一番押すべきところは、やはりコスパか。240㎖で税込み149円なので、前者と比較すると㎖当たりで半額。

総合評価

正直、味に関してはそこまで大きな差はないです。今回のように、しっかりと舌で味わいながら同時に飲まないと言葉で語るのは難しいかも。

氷で味が薄まってしまう点やキャラメル感が弱い点、なによりもコスパが悪いことを考えると

 

やはり今まで通り、守山乳業のキャラメルラテを選び続けると思います。

 

皆さんも一度は家族やカップルで飲み比べ企画をしてみてはいかがでしょうか。盛り上がると思いますよ。

スポンサーリンク










ABOUTこの記事をかいた人

東京で一人暮らしをする早稲田大学5年生。来年からSE。 弾き語りを7年間続けている音楽経験、一人暮らしで得たライフハック、株やお金に関する話をします。特に就活に関しては聞きたいことあったら記事にしますので、twitterページから連絡を頂けると助かります。