生乾きの臭いを消すための5つの方法と対策を考えてみる

ABOUTこの記事をかいた人

東京で一人暮らしをする早稲田大学生。来年からSE。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。特に就活に関して自信あり。レビュー記事以外は6000字以上が多いのでお時間がある時にどうぞ。

スポンサーリンク













洗濯物の生乾き臭。全人類の悩みと言っても過言ではないでしょう。

梅雨の時期になると特に気になりますよね。

さまざまな工夫を凝らしてみるわけですが、正直申し上げると、

 

絶対に生乾き臭を無くす方法は存在しません

 

たぶん。自分の経験的に。ただ、少しでも臭いの可能性を減らす方法を挙げてみます。

1.乾燥機で乾かす

いわゆる、コインランドリーにあるやつです。これが一番効果あるんじゃないかな。

生乾きの臭いって、乾くまでの時間が長くなればなるほど巨大になっていきますよね。

コインランドリーの乾燥機で乾かすと、量にもよりますが、だいたい30分あれば乾きます。しかも高温で乾かすので、よほどじゃない限り、臭いは綺麗さっぱり無くなります。

ちなみに、乾燥機から出したばかりの衣類は暖かくて最高に気持ちいいですよ、もふもふ出来て一石二鳥。

梅雨の時期や雨の時期のコインランドリーは、結構混む+回し終わっても放置の人がいるので、イライラしないように注意。

2.煮沸消毒をする

フェイスタオルや靴下、Tシャツ程度の大きさなら、お鍋でコトコト煮込みましょう。雑菌は高熱に弱いので、日干しだけでは取り除けない分までスッキリ。

ただ、生地がデリケートなものと、色付きのものは控えた方がいいかもしれません。というのも、この間、黒いTシャツを煮込んだら鍋の中のお水がめっちゃ黒くなってました。

あと、やけどに注意。

脱水するときは色々な方法があるかもしれませんが、僕はある程度洗濯機に水を溜めてから鍋をそのままポチャンして脱水機能にかけています。水を溜めないで入れると熱湯で洗濯機が痛みそうなので。

3.ドライヤーで乾かす

どうやら僕の思考回路は「全ては熱で解決できる」という、脳筋みたいです。

ドライヤーは「1.乾燥機で乾かす」に近いですが、少量の衣類を、お家で手軽に乾かす時に便利ですよ。

ちなみにこの工夫は、「やばい、そろそろ家でなきゃなんだけど着たい服が乾いてない…」て時にも便利です。

服やズボン、タオルを床において、上手に空気が流れるように工夫してあげれば、わざわざドライヤーを手に持たなくても大丈夫。

あと、いくら半自動で乾かしてくれるからと言って放置しすぎると、

下手したら焦げて火事になりかねない

ので、熱くなりすぎないように絶対に傍で見張っていてくださいね。

 

以上、熱で生乾きを解決するアイデアでした。今日も熱で良い日常生活を。

4.すすぎを2回する

最近の洗剤って1回すすぎでOKっていうのが多いですよね。水を節約できるのでとてもありがたいです。

ただ、洗剤で手洗いをすると実感するかもしれませんが、1回すすぎのみだと地味に泡切れは完璧じゃないです。

しっかり2回以上すすぐことで、より雑菌を防ぐことに繋がります。

5.濡れたタオルを洗濯機にため込まない

お風呂から上がってさっぱり。濡れたタオルを洗濯機にポイ

 

ちょっと待ってください、それ雑菌繁殖の元。

次の日の朝に洗濯機を回すまで放置しておく気ですか。洗濯機の中が梅雨のように湿度があがり、タオルだけでなく衣類、洗濯機自体に雑菌を増やす原因になってしまう。

場所に余裕があれば、濡れたものは洗濯機に入れず軽く干しておくようにしましょう。

おすすめ部屋干し用洗剤ランキングをベスト1位だけ紹介したい【生乾き臭防止】

2017.05.13

スポンサーリンク










ABOUTこの記事をかいた人

東京で一人暮らしをする早稲田大学生。来年からSE。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。特に就活に関して自信あり。レビュー記事以外は6000字以上が多いのでお時間がある時にどうぞ。