大学生や初心者におすすめの資産運用の方法を3つまとめてみた。ロボアド、テーマ株投資、個別株投資の説明

投資
自分の経歴と得意分野

東京の下町で一人暮らしをする早稲田大学卒のシステムエンジニア。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。
カフェが大好き。文鳥飼いたい。

ひろろをフォローする
あなた
あなた

資産運用に興味はあるけども、結局どれを始めたら良いのかわからない。

世の中には不動産や金、仮想通貨等を対象とした多彩な投資方法がありますが、種類が豊富過ぎて、全てを把握するには相当な労力が必要

だから、今回は投資初心者、もしくは、そろそろ資産運用を学びたい大学生に向けて厳選した

  • ロボアドバイザー
  • テーマ株投資
  • 個別株投資

3種類の投資方法を紹介したいと思います。その中でも

特に使いやすく、良心的なサービスを提供している

会社のサービスを1つずつ厳選して取り上げたいと思います。

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーという単語自体つい最近出てきた用語ですから、明確な定義は難しいですが、

ほぼ全自動で資産運用をしてくれるサービス

を指すことが多いです。

一般的には、年齢や資産運用の目的、リスクの許容度等の簡単なアンケートに答えることで、利用者に合わせて自動で運用やアドバイスをしてくれる

  • 投資に時間をかけたくない
  • そこまでお金の勉強はしたくないけど、とにかく資産運用というものをやってみたい

人におすすめの資産運用。サービスによっては自動で積み立てをしてくれたり。

先ほども述べましたが、ロボアドバイザーに明確な定義が無いため、どの会社もロボアドという単語を比較的自由奔放に使っているイメージがあり、ロボアドバイザーと言いつつ半自動のサービスもあります。

僕

確かに、ロボアドバイザーは言葉通りに受け止めると「ロボがアドバイスしてくれる」だから、もっともな言い分だ。

ロボアドバイザーを運用する各社が、それぞれ独自のアルゴリズムや運用方針を用いているため、サービスによって国際分散投資であったり、日本株限定の分散投資であったり、株だけではなく国債や金への分散投資を行っているという特徴の差がある。

メリット

  • 投資先や運用プランに悩まずに済む
  • 初心者でもプロが提供するアルゴリズムに従った投資が可能
  • 10万円程度からでも投資できるサービスが多い

デメリット

  • ロボアドに任せきりだから、投資リテラシーは全く身に付かない
  • 運用手数料が少し高め

ロボアドバイザーでおすすめ、評判の会社

ロボアドバイザーでおすすめなのがウェルスナビ

簡単に特徴を挙げると

  • 世界中のありとあらゆる金融商品を対象とした、分散投資の分散投資
  • リスク許容度を5段階に設定可能
  • かなり良心的な手数料
  • 積み立て、分散投資、長期投資に向いている投資方法

詳しくはこちらの記事で説明しています。

【評判】ウェルスナビ(wealthNavi)を解説。手数料が高いは本当か。ドル建ての重要性も語る
僕 基本的に運用は完全放置に近い。だから運用の楽しさは無い。もちろん、金融知識やリテラシーは受け身では全く身に付かない。逆に資産運用だけが目的であれば最適。非常に使いやすい。 このような印象を...

テーマ株投資とは

まず使う文脈によって意味合いが2つに異なり、1つは

最近話題のテーマに関連した個別株に投資する事

を意味します。例えば「20△△年は宇宙というテーマがアツいから、宇宙関連の事業を扱っている○○という会社に投資しよう」という文脈。

もう1つは

何社かの証券会社が単位未満株という制度を工夫し提供し始めたサービスの事で、△△というテーマに関した複数の企業に少額から分散投資しよう

というもの。

今のところ、ロボアドバイザーと同様に、明確な定義が決まっている訳ではない気がしますから、ある程度濁しておきます。

メリット

  • 証券会社によるスクリーニング済みの企業に投資出来る安心感
  • テーマに投資するというわかりやすさ
  • 自分でテーマを選べる楽しさ
  • 少額から分散投資が可能

デメリット

  • ロボアドバイザーよりは学べるが、自主的に調べなければ、あんまり投資の知識の獲得には繋がらない
  • 個別株よりは手数料が少し高い

テーマ株投資でおすすめ、評判の証券会社

断トツでFOLIO(フォリオ)というサービスを推します。

というのも、FOLIO自体がそもそも、個別株ではなくテーマ株に特化して創業した証券会社だから。自分が把握している限りでは、この単位未満株制度を利用してのテーマ株投資のアイデアは、FOLIOが日本で初だと認識しております。

FOLIOの特徴を挙げると

  • お菓子のアソートセットみたいに、小さい株(単位未満株と言います)の詰め合わせセットを想像するとわかりやすい
  • 10社への分散投資を10万から可能に
  • テーマの紹介文を眺めるだけで勉強になる
  • 社員の経歴が全体的に凄いから、ポートフォリオに信頼感がある
  • エンジニアやデザイナーもかなり優秀なため、使い勝手が物凄く良い

また、2018年1月にはLINEとの資本業務提携を発表しており、将来的にはLINE上でフォリオのサービスが使えるようになるかもしれません。詳しい説明はこちらで。

テーマ型投資FOLIO(フォリオ)の仕組みを解説。手数料や口座開設について
FOLIOの仕組みを10秒で説明 女の子 株を始めてみたいけど、難しそうね。会社を選ぼうにも、上場企業って約3000社もあるんだね。 女の子 1社だけに投資するのは怖いから...

個別株投資とは

株式投資で一番オーソドックスな方法の1つかもしれません。

自分で企業の良し悪しを分析、全て自分の考えで投資を行いますから、自己の投資能力がモロに影響します。

ロボアドバイザーやテーマ株投資は、その目新しさと投資の敷居を下げてくれる期待から2017年頃から話題になってきましたが、今まで株式投資という単語が出た場合、

  • 個別株投資
  • 投資信託
  • ETF(上場投資信託)

の3つが、思い浮かぶ人が多かったかもしれません。

この3つの中で、「儲かる儲からない」の観点ではなく「投資の初心者が投資を身近に感じられる、投資の楽しみを知れる、一番仕組みがシンプルで理解しやすい」という観点から見た際に、初心者がまず勉強するべきは個別株投資だと個人的には考えています。

メリット

  • 全て自分で判断しなくてはならないから、主体的に投資の勉強をする
  • 手数料はロボアドやテーマ株投資と比較すると安い
  • NISA口座が使える

デメリット

  • 「資産運用を全て任せたい」という人には向いていない
  • 定期的に投資先や市場の流れに目を通す必要がある
  • 自分の投資能力が運用成績に直結する
  • 自制心が無い人は信用取引(借金して株をする事)に手を出したり、生活に大きな影響を与えかねない

個別株投資におすすめ、評判の証券会社

正直に言えば、手数料は微々たる差ですから何処でも良い気がしますが、自分のメイン口座はSBI証券です。

手数料が一番安い訳ではありませんが、ネット証券では規模が大きく、ネット証券を頻繁に利用する投資家であれば、SBI証券に持っていない人は滅多にいないのではないでしょうか。

他にも、楽天証券やGMOクリック証券等は手数料が安くておすすめ。

IPO投資家であれば複数の証券会社に口座を持っている事は普通ですが、一般的な投資家、特に投資の初心者で複数の口座を使い分ける人は聞いたことがありません

IPO投資とは

ベンチャー企業は上場(IPO)する際に公募増資(株を新しく発行する)を行いますが、その新しく発行される株券の購入を上場前に公募価格で狙う投資の事。

購入の流れは若干複雑ですから詳しい説明は省略しますが、上場後の初値は公募価格よりも上回ることが多く「IPOの公募増資に申し込み、上場と共に売るだけ」で儲かる確率が高い訳です。

あなた
あなた

こんなウマイ話があるわけない。

その通り。ただし、これは決して怪しいという意味合いではなく、滅多に申し込みに当選しないから

新しい株券は案件により異なるいくつかの証券会社で当選枚数が分配されており、また、ある案件Aでは○○証券会社が9割の当選枚数枠を、一方で案件Bには参加すらしていない、というシチュエーションが多々あるため、IPO投資家は少しでも確率を上げるためにも、複数の証券会社に口座を持つのが一般的

もちろん申し込みの権利に対する抽選ですから、当選に外れたからとしてもお金はかかりませんが、口座にある資金分の申し込みしかできないから、最低でも何百万円ある人向きの投資方法だと個人的には思います。

NISAとは

あなた
あなた

NISA(ニーサ)って良く聞くけども、あれって何?

僕

簡単にまとめれば、「NISA口座を利用した場合、毎年120万円までの投資であれば、利益に対する税金がかかりません。ある年に買った株は5年後まで優遇対象ですよ。」という制度。

後半がわかり辛いと思いますが、例えば、

2017年に120万円投資した分が2022年に400万円になりました。2022年に売れば利益に税金はかかりませんが、2023年まで放置して置いたら400万円は普通の口座に移されますよ。

という内容。

NISAの仕組みを正確に説明しようと思えば物凄く長くなってしまいますから、詳しくは金融庁の説明を参考にご覧ください。

また、NISAは主に何処らしらの証券会社から口座を開くことになりますが、NISA口座利用時は売買手数料を無料に設定している証券会社が多いです。

あなた
あなた

ロボアドバイザーやテーマ株投資はNISA口座が開設できない場合がほとんどだけども、今後、NISAが使えるようになるかな?

個人的にはロボアドやテーマ株投資でNISAは使えるようにはならないのではないかと推測しています。

なぜなら、頻繁にリバランス(時間の経過とともに株価の変動が起こりポートフォリオが崩れてしまうから、買ったり売ったりして調整する事。美容院で前髪だけ長さを整えてもらうイメージ)を行うことから、NISA枠をすぐに使い切ってしまい、とにかくNISAとの相性が悪すぎるから。

もし、ロボアドやテーマ株投資だけに興味がある場合でも、SBI証券等でNISAの口座も予め開いて少額を長期投資するのも良い手かもしれません。国の優遇制度は、積極的に使ってしまいましょう。

ちなみに、NISAの口座開設は申し込みから使えるまで1か月はかかる事に注意。

株で出た利益には20.315%の税率がかかる

株の利益に対する税金は分離課税であるため、所得等に影響を受けずに一律20.315%

おすすめの資産運用の比較まとめ

簡単に表にまとめてみました。個人的な感想ですから、1から100までは真に受けないように。

口座を開く分には無料ですから、別にどれか1つに絞る必要はなくて、全部実際に試してみる事が賢いやり方かもしれません。口座の開設には通常1週間以上はかかる場合が一般的ですから、予め口座だけ開いておいて、いざという時にすぐに投資出来る準備をおすすめします。

【評判】ウェルスナビ(wealthNavi)を解説。手数料が高いは本当か。ドル建ての重要性も語る
僕 基本的に運用は完全放置に近い。だから運用の楽しさは無い。もちろん、金融知識やリテラシーは受け身では全く身に付かない。逆に資産運用だけが目的であれば最適。非常に使いやすい。 このような印象を...
テーマ型投資FOLIO(フォリオ)の仕組みを解説。手数料や口座開設について
FOLIOの仕組みを10秒で説明 女の子 株を始めてみたいけど、難しそうね。会社を選ぼうにも、上場企業って約3000社もあるんだね。 女の子 1社だけに投資するのは怖いから...

 

投資

東京の下町で一人暮らしをする早稲田大学卒のシステムエンジニア。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。
カフェが大好き。文鳥飼いたい。

ひろろをフォローする
SEの投資術