ハイジア(HYGIA)の消臭スプレーが優秀でリセッシュ、ファブリーズにも負けない

ABOUTこの記事をかいた人

東京で一人暮らしをする早稲田大学生。来年からSE。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。特に就活に関して自信あり。レビュー記事以外は6000字以上が多いのでお時間がある時にどうぞ。

スポンサーリンク













皆さんはリセッシュファブリーズを使ったこと、人生で一度はありますよね。

ちなみに自分は、ちょっと前まではファブリーズを利用していました。トウモロコシ由来の天然なんちゃらという言葉に惹かれたわけです。

今回そんな消臭スプレーどっちが有能だ論争に刺客が現れました。

洗剤でおなじみハイジアが消臭スプレーに

じゃーん。皆さん、みたことありますか?

実は、結構前から製品として売っているらしいのですが、最近ようやくドラッグストアで発見したのです。いや、マジで売っているところが少ないです。

ただ、このブランドは皆さんもご存知ですよね。ライオンの洗剤で有名なハイジアというブランド。僕はこれにハマってしまった。現にほら、詰め替え用も買い溜めですよ。

ハイジアが有能な理由

1.消臭スプレーそのものの匂いが残らない

消臭スプレーって、確かにタバコのニオイとかも取ってはくれるんですけど、それ以上に消臭スプレーの匂いそのものが残るのが嫌なんですよね。臭い匂いでかき消してるんじゃないかって。ほんのり香るくらいならいいんですけど、割と残る製品が多い。

ただ、ハイジアは消臭スプレーの匂いが残りにくいです。ティートリーの香りと表記されています。スーッとしたハーブを想像されると思いますが、どちらかというとほんのり甘いハーブって感じです。嫌味にならない匂いだし、乾けばほぼ残りません。香水とかの匂いの邪魔もしませんね。

2.霧が細かい

これは液体中身というより、スプレー容器の性能と言った方がいいでしょうか。

皆さんは、たくさんリセッシュやファブし過ぎて「めっちゃ濡れちゃった…」という経験はないでしょうか。服が乾くまで着れなくて困ったこと、ありますよね。

でも、ハイジアは霧が細かいので、水滴の表面積が多くなり、その分早く乾きます。

ぶっちゃけ、霧が細かいと感じたのは完全に主観だったのですが、試しに調べてみると、

ファブリーズ…370㎖で約360回スプレー可能

ハイジア…350㎖で約400回スプレー可能

と書いてあるので、気のせいではないのでしょう、たぶん。

デメリット…売っているところが少ない

最近は取り扱い店も増えつつある(感覚比)ハイジアですが、2大消臭スプレーと比較すると、まだまだ取り扱ってない店も多いのが難点

ただ、スプレー機能は結構丈夫なので、一度お試しで本体を買ってみて「これは!」と思ったらAmazonで詰め替えパックをまとめ買いすることをおすすめします。

消臭スプレーに新しい選択肢の1つとして考えてみてください。

スポンサーリンク










ABOUTこの記事をかいた人

東京で一人暮らしをする早稲田大学生。来年からSE。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。特に就活に関して自信あり。レビュー記事以外は6000字以上が多いのでお時間がある時にどうぞ。