株の初心者や忙しいリーマンにテーマ株投資のFOLIO(フォリオ)が魅力的だという話

スポンサーリンク













FOLIOを10秒で例える

女の子
株を始めてみたいけど、難しそうね。会社を選ぼうにも、上場企業って約3000社もあるんだね。
男の子
1社だけに投資するのは怖いから分散投資したいけど、僕の10万だと1社が限界だよ。
女の子
お菓子のアソートセットみたいに、小さい株の詰め合わせセットがあれば便利なのにね。

超大雑把にまとめてみました。大雑把すぎるので解説していきます。

普通に投資するのと何が違うのか

フォリオでえらべるテーマは、プロが選定した10社の有望企業で構成されています。10社にリスク分散させた投資をすることで、誰でも手軽に効率的な資産運用を楽しむことができます。

また、通常10社への分散投資は100万円〜1000万円程度の金額が必要となりますが、フォリオでは10社への分散投資が10万円前後で可能です。

FOLIOの公式サイトは非常にまとまっており、むしろ、まとまりすぎていて補足を補う余地がない。公式サイトを一読するだけで、ほとんど概要が理解できると思います。

今までネット証券会社の口座を開いたことがある人、株に少し興味がありwebサイトを覗いたことがある人ならわかると思いますが、文章がごちゃごちゃし過ぎて理解が難しいのが一般的。

FOLIOは視覚的に嬉しいデザインで、まるでお洒落な雑誌を読むかのごとく楽しませてくれます。

 

話が逸れましたが、ようは低資金でも分散投資が可能であるということ。

さらっと述べましたが、従来の株式投資からすると非常に画期的です。例えば、誰もが知っている任天堂の株を買おうとすると2017年10月時点でおおよそ430万円必要。ソフトバンクだと90万円。この規模の大型株に分散投資するのは非常に難しい。

FOLIOなら、ポートフォリオに選ばれていることが条件ですが、大学生や新社会人には買いづらい高単価の株を少しずつ所有、なんてことが可能です。裏の事情は詳しく知りえませんが、恐らく相当な努力と工夫を凝らして10万前後で買えるというシステムを作っていると思います。

確かに今までに似たような手段として投資信託という形がありました。とはいえ、投資信託の説明のページに行くとこれまたごちゃごちゃ文字が。正直、株経験者からしても難解な仕組みや説明が多いです。また、FOLIOと比較すると超分散投資型の商品が多いためテーマに投資するという感覚とはまた別物でしょう。

実際にテーマ株を見てみる

先程もデザインを褒めたたえましたが、百聞は一見に如かず。実際に見てみましょう。

このように様々なテーマが用意されています。これ以外にも、「人工知能」や「VR」「シェアリングエコノミー」など。「そんなの馴染みがないしもうちょっと日常に近いものを」という人に向けて「コーヒー」「テレビゲーム」なんてテーマも。

ちなみに相場の名言「国策には逆らうな」とありますが、国が「特にこの技術の導入を進めよう」とか「国のこういうところを改善しよう」という雰囲気を醸し出すと「お国が言うなら間違いない」と、こぞって投資家が買うので、株価が上がる傾向にあったりするんですね。全体的にキャッチフレーズの言葉のチョイスに絶妙な拘りが感じられて好きです。

今回は再生医療テクノロジーを見ていこうと思います。

まず、パッと目に飛び込んできたのがカラフルな円グラフ10社がバランスよく組み込まれたようなテーマ株になっています。価格もちょうど10万円前後。

そして、左の説明文。

政府の成長戦略に盛り込まれ、市場規模が15年でなんと100倍まで成長することが見込まれる可能性も。という内容。

凄くわかりやすいですね。

このように、買わなくとも雑誌のようにパラパラと眺めるだけで経済や市場の勉強になるのもまた一つの魅力です。

自分はここで衝撃を受けたのですが、ポートフォリオに入っている企業は正直、かなりの時価総額を誇る企業ばかりです。皆さんがベンチャーと聞いて想像する「倒産か大成功か」のような博打系の企業はポートフォリオには一切組み込まれておらず、経営面で非常に安定した大企業ばかりで構成されているということ。

特に製薬系だと「赤字垂れ流し続けだが一発当てたら株価が爆揚がり」というハイリスクハイリターンの株も投資家から人気があるのですが、FOLIOでは「既に安定した経営をしている」企業しか組み込まれていません。むしろ、上場企業でもトップレベルの安定経営の企業ばかりです。

ですので、FOLIOは相当な安定型投資方針であるのではないかと個人的には感じています。運用期間の目安も1年からに設定されていますから、中長期目線の投資に向いているでしょう。

 

最後のグラフの日経平均株価と比べて欲しいのですが、相当動きが似ているのがわかりますか。安定型志向の人には嬉しいですが「ベンチャー企業の0から100への進化を見届けたい、ハイリスクハイリターンで投資をしたい」という人には不向きかも

ちなみに各テーマは更に、投資スタイルとしてバランス型、ディフェンス型、グロース型、バリュー型、の4つから選ぶことが出来るみたいです。

バランス型とグロース型を比較してみたのですが、円グラフを見ると構成割合が結構違うのわかりますね。とはいえ正直、この仕組みはそこまで深く考えずに、個人的に好きな株があればそれを多く構成に含むやつを選ぶ、くらいのスタンスでオッケーだと思います。

ところで、注文に必要な額は「もし発注時に、全ての株価がストップ高しても買える」額に設定されているので、実際に投資する額は「現在の価格」の方が近いでしょう。

ちなみに、定期的に運用のサポートもしてくれるようです。

社員の経歴が全体的に凄い

そもそも、国内でネット証券会社が設立されるのは10年ぶりの事らしい。

背景としては、金融業界は法律が複雑で厳しいがゆえ、ぽっと出のベンチャー企業がノリで「証券会社を立ち上げます」というには敷居が高いからでしょう。その上、競争が激しい小売りやIT業界とは違い、既存の証券会社は大きな変革を起こす必要がありませんでした。

 

そこに豊富な資金とテーマ株という斬新なアイデアを武器に、新たに参入した訳ですが、その参入したFOLIOの社員の経歴に驚いちゃいました。

いや、もちろん経歴が良ければ良いサービスを提供できるとは限らないことは100も承知ですし、学歴や社歴をどうこう述べるのは品が悪いのは1000も承知です。が、突っ込まずにはいられなかった。

就活生
ゴールドマンサックス、バークレイズ、日本最大級のハッカソンで最優秀賞、東大卒、日銀、マッキンゼー、リーマンブラザーズ、ドリームインキュベータ…

社員紹介の経歴欄をぱらぱらと眺めてこんなに出てきました。控えめに言って経歴がバグっています。この規模の会社でこのレベルの経歴を平然と持ちまくる組織は日本でこの会社だけだと思います。

という話だけで終わるのも勿体ないので、これが何に繋がってくるかについて述べます。

当然、証券会社を立ち上げたのには当たり前の理由があって、社員の経歴としては特に証券系に強い人が多いです。一流企業で長年現場に携わっている方も多いので、銘柄の選定には強いはず。

こちらの記事によると「アルゴリズム6割、人の手4割」での運用とのこと。

アルゴリズムという言葉をそのまま受け止めると機械が自動で運用してくれるように思えますが、「AしたらBする」というアルゴリズムを実際に設定しているのは、システムエンジニアと証券経験のあるメンバーなはず。機械の動きの質だって、手掛ける人間の知見によりけり

つまり、テーマ株のポートフォリオの質は運営者に左右されるということ。

ですので、経歴が凄いことは運用にあたっての1つの選択の基準決めにも繋がります。運用者の顔が見えることは非常に大事。

正直お茶汲みで良いので、雇って欲しいものです。

手数料が安い

比較的に安いです。10万円だと税込み540円の取引手数料。運用のサポートまでしてくれてこの手数料だと他社では無い気がします。また、自分で計算しやすいのも嬉しいポイント。従来の証券会社の提供する投資信託の場合、運用手数料やらなんやら細かく分けられていて、いくらかかるのか非常に計算しずらい。「これだけかかるのね、了解」と納得して投資できるので親切設計。

最後に

FOLIOでなら、楽しみながら、自然と金融リテラシーも身に付きそうですね。興味が湧いたら、ぜひ公式サイトに。良いデザインしています。

最後に当たり前のことを書きますが、投資は投資です。元本が保証されているわけではないので、自己責任で投資を行いましょう。

今現在(2017年10月時点)でFOLIOはαバージョンでの公開となっています。

情報が手に入り次第、随時更新していきたいと思います。

スポンサーリンク










ABOUTこの記事をかいた人

東京で一人暮らしをする早稲田大学5年生。来年からSE。 弾き語りを7年間続けている音楽経験、一人暮らしで得たライフハック、株やお金に関する話をします。特に就活に関しては聞きたいことあったら記事にしますので、twitterページから連絡を頂けると助かります。