アポシアイフ(とブロンズド)の香水をレビューしてみる

レビュー
自分の経歴と得意分野

東京の下町で一人暮らしをする早稲田大学卒の20代システムエンジニア。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。
カフェが大好き。文鳥はもっと大好き。

ひろろをフォローする

自分は男性ですが、ある男性の先輩に対して、人生で初めて

僕

何の香水使っているんですか?

と思わずラインで尋ねてしまったのが、今回この記事にて紹介するAPOTHIA(アポシア)ブランドで一番有名なIF(イフ)

僕

それほどまでに、甘くも上品な匂いに一目惚れしてしまった訳でして。

APOTHIAの公式ページの紹介文によれば、

RON ROBINSONが、独自の研究とFRED SEGALでの経験を重ねて生み出した、他にはないハイクオリティなフレグランス。 オリジナルのアロマブレンドと、スタイリッシュなデザインは世界的評価も高く、全ての人に愛される香り。

●IF
ベルガモット、ゆず、グレープフルーツ 3種類の柑橘系にフリージアと白クチナシのブーケの香りをブレンドしたIFは、L.A.セレブリティの85%が一番に選んだAPOTHIAブランドのベストセラーフレグランスです。癖がなく、さわやかでありながらセクシーで、まさに誰からも好かれる香り。計算され尽くした「さりげなさ」が持つ、洗練されたラグジュアリー感をお楽しみください。

(公式ページの紹介文より引用)

ちなみに、APOTHIAは2006年度にはフレグランス界のオスカー賞といわれる「Interior Scent of the year」を受賞したとの事。

僕

ところで、売り文句なんでどうでもよいけど、「L.A.セレブリティの85%が一番に選んだ」って表現、物凄くふわふわしているナ…

色々な香水の説明文を読んできましたが、それがいかに優れた商品であっても、宣伝文はおしゃれに書かれ過ぎていてあてにならない事が多いので、日本人に優しい表現で匂いのレビューをしたいと思います。

僕

今回は、15mlの持ち運びがしやすいタイプを購入しました。

僕

箱が高級感溢れる。ふわふわした紙質。

思わず箱も取っておきたくなっちゃうような、高級感がある外装ですので、プレゼントにも良いかも。

 

肝心の「匂い」に関してのレビューですが、

白い花を想像させるホワイトフローラル甘い香り。ユリとか、クチナシとか、金木犀とかに近い。

女性の場合、「美人」「知的」よりは「可愛い」「優しい」の印象を与える。

男性の場合は、少し中性的なイメージを与える。

僕

説明文を読む限り、ベルガモット、ゆず、グレープフルーツの3種類の柑橘系も使われているようですが、柑橘系の匂いはしないかな。再度嗅いでも「…?」となるくらい。

トップはかなり強い花の甘さを放っていますが、ミドルからラストは上品な甘さに変化。

とはいえ、トップノートからラストノートまでの匂いの変化はあんまり無いように感じられます。

パフュームなだけあり、匂いは強め。

通常は1プッシュで十分。少し強く香らせたい場合でも2プッシュが限度かと思います。

持続時間は7,8時間くらいだと思いますが、香水を直接付けた箇所はお風呂に入るまでほんのり香るくらい濃度は濃いかも。

オーデコロン等にありがちな、吹きかけた瞬間のアルコール感もありません。

 

店頭ならロンハーマンで購入可能。

アポシアシリーズの中でも一番オーソドックスな香水ですので、まずどの店舗でも扱っているかと思われます。

写真はロンハーマン有楽町店のもの。

やはり、イフが一番場所を取っていました。(が、全シリーズは揃っていませんでした。)

上の写真はAPOTHIAシリーズのBRONZED(ブロンズド)

「ブロンズ色に焼けた肌」と書かれていますが、これは文字通りピッタリな表現だと感じました。

温暖な気候、雲一つ無い青空の下、ライ麦畑で走り回る、小麦色の肌の活発な少女

って感じです。

僕

「清潔感」というよりは「元気さ」を印象付けるもので、アポシアイフとはまるで真逆の印象。

正直に言うと、実は自分はかなり苦手な匂いで、やはりイフが好きだなと改めて実感しました。

僕

久し振りに実家に帰った際にアポシアイフ付けて行ったら、オカンにも「良い匂いだね」と褒められた。

レビュー

東京の下町で一人暮らしをする早稲田大学卒の20代システムエンジニア。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。
カフェが大好き。文鳥はもっと大好き。

ひろろをフォローする
FOLIO(フォリオ)

大学の頃から投資をしている自分は「自分が初心者の頃にこのサービスがあれば、もっと楽しく投資を学べたのに…」と純粋に思う。

約10年ぶりのネット証券の誕生。

LINEともタッグを組んだり、超大型資金調達を成功させたり、とにかく大企業からの期待が熱い、
「2019年最もイケてる」証券会社。

SEの投資術