ライオンから新発売されたノニオ(NONIO)という歯磨き粉を実際に使ってレビュー

ノニオの歯磨き粉の外観 レビュー
自分の経歴と得意分野
東京の下町で一人暮らしをする早稲田大学卒のシステムエンジニア。 一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。 カフェが大好き。文鳥飼いたい。
ひろろをフォローする

2017年8月23日にライオンから発売された、ノニオ(NONIO)を実際に使って感想を述べていきます。

味は3種類。シンプルかつスタイリッシュな外見

ノニオの歯磨き粉

画像は青のクリアハーブミント。緑がスプラッシュシトラスミント、ピンクがピュアリーミント

 

文字や色使いが最小限にとどめられているため、市販で販売されている歯磨き粉の中では、かっこいいのでは。シンプルでスタイリッシュな外見だから、浴室や洗面台に置きやすい。

「口臭科学から生まれた」と割とデカデカと書いてあるから、「この人、口臭を気にしてんのかな」と店員に思われそうで若干抵抗がありますが。

ライオンが別ブランドとして発売しているクリニカは「予防歯科から生まれた」と書いてある事からも、この「から生まれた」路線は貫くスタンスなのでしょうか。

ノニオの成分は市販のものと大きな違いはない

ノニオの歯磨き粉の成分表

正直に言えば、ドラッグストアで並ぶ200円から400円程度までの歯磨き粉は、各ブランドの成分に大きな差はありません。同じ価格帯であれば、基本的に同じような成分で構成されているのが一般的。

とはいえ、クリニカやシステマで有名なライオンが、わざわざ新発売するブランド商品ですから「何か違いはないか」成分表を比較してみたところ、

ノニオ(NONIO)のみ、洗浄剤として炭酸水素Naが含まれていることが判明。

炭酸水素Naは、わかりやすく表現すると重曹

重曹は靴に入れて臭い取りに使う用途としても有名。重曹が口臭に効く成分として配合されている様子。

しかし、ノニオ(NONIO)の成分表では「洗浄成分」の役割として表示されている事もあり、恐らく、どちらかといえば、重曹の粒で物理的にクリーニングするというニュアンスの方が強いのでは、という推測をしています。

ちなみに、市販で売られている歯磨き粉で他に炭酸水素Naが配合されている商品はないか、探してみましたが(スーパーで必死に歯磨き粉を吟味する人として不思議に見られたかもしれない)、大手のスーパーにも関わらず取り扱っていませんでした。

ロフトでなら販売しているのを見たことがある歯磨撫子は、重曹を売りにした歯磨き粉ですね。

僕

という訳で「ノニオ(NONIO)で最も特徴的な成分は、炭酸水素Na。他の成分は、他の歯磨き粉と差異はありません」というまとめ。

最近クリニカアドバンテージのフッ素濃度が従来の1.5倍、1450ppm(市販の歯磨き粉の中では、かなりフッ素濃度が濃い。

今まで1000ppmが限度だったが、フッ素濃度の規制の上限が緩められ、1500ppmまで配合することが可能になった。)にパワーアップした事もあり、虫歯予防を目的にするなら、クリニカアドバンテージの方が良いのでは、と個人的には考えています。

ミントが自然の味という感想。泡立ちはかなり良い

自分は、歯ブラシもライオン製のデンターシステマハブラシを利用しています。数ある歯ブラシの中で、最もヘタレにくく、使いやすいから。

余談ですが、自分の家には無意識ながらライオンの製品が多い気がする。やはり、日本人には外資系のメーカーより、日系メーカーの製品が合っているのでは

使った感想としては、味が自然で磨きやすいということが嬉しいポイント。

ミントの香りがとても自然で、キシリトールガムにかなり近い味わい。市販の歯磨き粉の中には、かなり刺激が強く舌が痛くなってしまうブランドが多い事が長年の悩みでした。

ノニオ(NONIO)は、ミントとしてはかなり刺激が抑えめであるため、舌のヒリヒリを気にせず、しっかりと時間をかけて丁寧な歯磨きに集中が出来ることがとても良いポイント。

後日、ピュアリーミント(ピンク)も購入。ほんのりとバナナチョコのような味がしました。とはいえ、清涼感やミントの強さは一緒。味も微々たる差ですから「どの味にしようか」と神経質になる必要はないと思います。

ミントが自然だと感じたのは、公式ページを見れば納得。どうやら、合成香料ではなく天然ミントを使用しているそうです。

上記は一例ですが、このような特長を活かして、「クリアハーブミント」は和種ハッカとハーブを使って清々しく、「スプラッシュシトラスミント」は精製したペパーミントとシトラスを使って爽快に、「ピュアリーミント」は原油そのままのペパーミントにフルーツを加えて心安らぐ香味にそれぞれ仕上げています。

公式ページより引用http://nonio.lion.co.jp/mint/

これは個人的な意見ですが、歯磨き粉は成分よりもどれだけ長く歯磨きを続けられるか」が重要ではないかと考えています

なぜなら、どれほど成分が良くとも、あんまりにも辛過ぎて30秒しか続けられなければ本末転倒だから。だからこそ、味や適度な辛さを重要視したい自分にとっては、かなり嬉しいポイントです。

また、クリニカと比較すると非常に泡立ちが良くもこもこ。時間がない朝でも汚れをしっかり落とせる。

全体的に高評価で、歯磨き粉に迷ったら買うのをおすすめする商品。

自分は「朝はノニオ(NONIO)で歯磨き、口臭予防。夜はフッ素がたくさん入ったクリニカアドバンテージで虫歯予防」と、用途を分けて利用していくつもりです。ちなみに、寝る前にはフッ素コーティング用のジェルをぬりぬりしています。

個人的3種の神器。

こちらはノニオのマウスウォッシュをレビューした記事。こちらは、個人的な評価はそこまで高くないですが。

ライオンから新発売されたノニオ(NONIO)というマウスウォッシュを実際に使ってレビュー
2017年8月23日にライオンから新しいブランドとして発売された口臭科学から生まれたノニオ。前回は歯磨き粉をレビューし「歯磨き粉に迷ったら買っても良い、おすすめの商品」と位置付けました。 今回のマウスウォッシュは、単調直入に言...
レビュー
東京の下町で一人暮らしをする早稲田大学卒のシステムエンジニア。 一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。 カフェが大好き。文鳥飼いたい。
ひろろをフォローする
SEの投資術