ライオンから新発売されたノニオ(NONIO)というマウスウォッシュを実際に使ってレビュー

ノニオのマウスウォッシュ レビュー
自分の経歴と得意分野

東京の下町で一人暮らしをする早稲田大学卒のシステムエンジニア。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。
カフェが大好き。文鳥飼いたい。

ひろろをフォローする

2017年8月23日にライオンから新しいブランドとして発売された口臭科学から生まれたノニオ。前回は歯磨き粉をレビューし「歯磨き粉に迷ったら買っても良い、おすすめの商品」と位置付けました。

ライオンから新発売されたノニオ(NONIO)という歯磨き粉を実際に使ってレビュー
2017年8月23日にライオンから発売された、ノニオ(NONIO)を実際に使って感想を述べていきます。 味は3種類。シンプルかつスタイリッシュな外見 画像は青のクリアハーブミント。緑がスプラッシュシトラスミント、ピンクがピュアリ...

今回のマウスウォッシュは、単調直入に言って「特に拘りが無ければクリニカをおすすめする」という率直な感想。Amazonでは高評価なので、あくまで個人の感想として参考にしてください。

成分はごく一般的なマウスウォッシュ

今回はクリアハーブミントを購入。青色のこれと、緑色のスプラッシュシトラスミントがアルコール入り黄色のライトハーブミントだけがノンアルコールとなっています。

歯磨き粉やマウスウォッシュを買うときにいつも思うのですが、どこのメーカーも名前から味が想像しにくいのは何とかして欲しい。

ノニオのマウスウォッシュの成分表

マウスウォッシュの使い勝手に関わる溶剤、湿潤材といった成分は、基本的にはどこのメーカーも同じような構成で成り立っています。

マウスウォッシュで各社が差を付けるポイントは、薬用成分

ノニオでは、塩化セチルビリジニウム(CPC)という成分が殺菌効果としての役割をしている。ただ、薬用成分としてはこれ1種類だけ

実はこのCPCという成分は、他社製品で有名なサンスターのGUM(ガム)、アース製薬のモンダミンにも入っているのです。

しかも、この2つの製品は、プラスして抗炎症成分も加わっています。

もちろん、薬用成分が複数であればあるほど良いとは限らないですし、CPC1本勝負だからこそ濃度が違うのかもしれませんが(ライオン内部の人に聞かないと判断不能)、マウスウォッシュはマーケットとしては既に既製品ブランドに溢れる激戦区であるにも関わらず、満を持して新発売するブランドがこれ1本勝負というのは正直よくわからない部分。

その上、ライオン自身が既に発売しているクリニカアドバンテージ デンタルリンスは

CPCに加えて、塩化ベンゼトニウム(BTC)という殺菌成分と、グリセロリン酸カルシウムというコーティング剤も含まれています。これが冒頭で「これならクリニカ買う」と述べた理由の1つ。

とはいえ、素人が成分だけ見てても仕方のない部分もありますから、気を取り直して実際に使ってみた感想を。

実際に使ってみたが使い勝手は悪い

キャップの容量が見にくすぎる

「線のところが目安です」と書かれているのですが、線が薄すぎてわからない

そして、実はこの写真に「20㎖」と記載があるのですが、こちらは更に見づらい。もはや何のために書かれているのかわからないレベル。写真だから見えにくいのではなく、実物の目視でも相当顔を近づけてようやくわかるレベル。

せめて蓋の色を変えるなりして欲しかった。

目安がギリギリすぎる

目安の線をかろうじて確認できると思いますが、キャップのふちから近すぎる。定規で測ったところ、溢れるまで5㎜の猶予しかありませんでした。

注ぎ口がデカイ

これは500㎖のポカリ容器の口と比較したもの。ほぼ変わらない、もしくはノニオの方が大きいくらい。ペットボトルから20㎖取り出す作業を思い浮かべてください。非常に難しい上、倒すと悲惨

残量はわかりやすい

リステリンユーザーからすれば「一緒だろ」と言われるかもしれませんが、クリニカユーザー目線で言えば「容器が透明だから、残量がわかりやすい」ことは、地味にありがたいポイント。

着色料を付けていない点も日系企業のライオンならではの良いところだと思います。

僕

冷静に考えてマウスウォッシュに着色料はおかしいでしょう。歯に色を付けたいのか。

思ったよりも刺激は強いが味は自然

僕

想像したよりも刺激が強い。

これは、個人的な好みの問題が関わってくるので賛否両論かもしれません。

マウスウォッシュ全般に言えることですが、成分がきつすぎて舌がピリピリすることはありませんか。

自分はリステリンのようなマウスウォッシュ感満載の製品が苦手で「ライオンなら大丈夫かな」と期待をしたのですが、20秒を指示されているものの舌が痛くて15秒しか口に含むことが出来ませんでした。ノンアルコールだとまた変わってくるのかもしれません。

僕

逆に味が自然な点は嬉しい。

これはノニオの歯磨き粉のレビューでも述べたのですが、天然ミントを使用しているために自然な風味に仕上がっています。

実はマウスウォッシュは、水で濯がないことを推奨されている製品が多いのはご存知でしょうか。

ノニオも「水ですすぐ必要はありません」という記載がされています。とはいえ、一般的なマウスウォッシュは水で洗い流さないと違和感がある味が多い。

ノニオの場合は後味がナチュラルなので、水で洗い流したくなる衝動にも駆られず、しっかりと成分を残すことが出来ます

また、刺激があると述べましたが、刺激はあっても辛みはないのは、さすが大手メーカーだと感じました。

効果は感じた

肝心の口臭対策ですが、普通に効果ありという感想。

今までの流れを読むと酷評にも思えるかもしれませんが、CPCという今までのマウスウォッシュで多用されてきた薬用成分がしっかりと含まれていますから、口臭が抑えられる実感はあります。特に、寝起きや緊張で唾液が少なくなっている時に効果を発揮するかも。

コスパはそこまで良くない

ライオン製品の「クリニカアドバンテージデンタルリンス」と比較。(2017年9月3日時点でのAmazonの販売価格なので、大きく前後する可能性があります)

ノニオが600㎖で513円
クリニカアドバンテージが900㎖で616円

実はノニオが1回の使用目安量が20㎖に対して、クリニカアドバンテージが1回10㎖ですから

1回当たりの価格
ノニオは1回20㎖当たり17.1円
クリニカアドバンテージは1回10㎖当たり6.8円

となります。ノニオを10㎖で使えば、ほとんど変わらないと擁護も出来ますが、メーカーの使用方針を守った場合のコスパの良さはクリニカが圧倒的。

まとめ

  • 薬用成分としては、既存のブランドと大きな違いはない
  • 容器が透明で残量がわかりやすいものの、使いにくい部分も多い
  • 意外と刺激が強いが辛みはなく、味のレベルは高い
  • 他社製品と比較するとコスパは普通だが、クリニカと比較すると負ける
  • 特に拘りが無ければ、クリニカアドバンテージでもいいと思う
レビュー

東京の下町で一人暮らしをする早稲田大学卒のシステムエンジニア。
一人暮らしで得たライフハック、株やお金、ビジネスに関する話題が得意。
カフェが大好き。文鳥飼いたい。

ひろろをフォローする
SEの投資術